こもれび

40代で2児の母。体調記録やお買い物記録など。

【ちょっとイイ話】校長先生の小話【通信簿の見方】

どうもどうも!

4連休は疲れました。

でも美味しいものを食べたので、良い気分転換になりました。

ある日の夕飯を「かっぱ寿司」にしたら(持ち帰り)、

ちょっとイイものを食べるとお腹を壊す夫、やっぱり壊しました。

f:id:hatikinkun:20200725125044j:plain

和菓子も食べました。

「口福堂」のきなこおはぎ。大好きでよく食べます。

f:id:hatikinkun:20200930213210j:plain

新商品のだんごも美味しかった~

f:id:hatikinkun:20200930213411j:plain

さて、本題です。

今週末はいよいよ小学校・幼稚園の終業式です。

小学1年生の娘はんちゃんは、

はじめて「通信簿」を持って帰ってくるのです。

お子さんのいる方、「通信簿」の見方って意識したことあります?

実は先日、学級懇談会がありまして、

校長先生が「通信簿の見方」を教えてくれたのです。

今回はその話を皆さんにシェアしたいなと思います。

【ちょっとイイ話】校長先生の小話【通信簿の見方】

4月に就任したばかりの校長先生

校長先生は4月に就任したばかりで、やる気に満ちている方でした。

自転車で通学路を回りながら、すれ違う保護者に「ご苦労様です」と挨拶してたり、

ジャージ姿で横断歩道の旗振りなどもやってくれたり。

フットワークが軽くて、好印象なのです。

f:id:hatikinkun:20200930213702j:plain

そんな校長先生が、

懇談会がはじまる前、テレビを通した校内放送で、小話をしてくれました。

校長先生の小話

「みなさん、もうすぐはじめての通信簿を子供たちは受け取りますが」

「通信簿の見方をご存じですか?」

はい、もちろん!

はんちゃんは「国語」が苦手!

通信簿でどう評価されるのか気になります。

f:id:hatikinkun:20200725125209j:plain

まだ小学1年生ですから、5段階ではなく、

「よくできる」「できる」「もうすこし」というような評価だと思います。

しかし、どうなるのか今からドキドキしております。

万が一、「もうすこし」なら

はんちゃんは号泣するかもしれません。

だって週末、上履きを持ち帰るのを忘れただけで泣いてるんですもの。

校長先生は言いました。

「まず一番はじめにみるべきところは出欠席の記録です」

へ?

「お子さんを妊娠中だったとき、お子さんに対して何を期待しましたか?」

うーん、元気で産まれてほしい、ですかねー

「そうです。元気に産まれてほしいと願ったはずです」 

「この出欠席の記録をみて、出席が多ければお子さんが元気な証拠」 

「出席が多かったら、おおいに褒めてあげてほしいのです」 

「最初に期待したとおり、元気でいてくれたのですから」

そ、そうですね!はんちゃんは今まで学校は休まず登校してます。

よし!まずはそれを褒めよう! 

「そして次は、、、まだ成績の評価を見るのは早いです!」

「次は身体測定の記録です。昨年より大きくなったことを確認してください」 

はんちゃんはクラスの女子の中で一番大きいそうです。

うん、これも褒めるポイントになるぞ! 

「この次は、活動の記録や、行動の記録です。

学校ではどんな生活態度なのか確認してください」 

ふむふむ。はんちゃん小学校では「手紙係」って言ってたなー

どんな係か聞いてみたら、手紙ボックスから手紙を持ってきて、

教室の先生の机に置くという係だそうです。 

「そして、最後に学習の記録(教科判定)を見てください」

「子供たちは最初の通信簿ですし、学習成績を気にしがちです。

緊張している子もいるでしょう」

「しかし成績はそれほど重要じゃありません」

「お子さんが産まれたときのことを思い出して、

どうか暖かい言葉をかけてください」

f:id:hatikinkun:20200725125127j:plain

そう校長先生は言っていました。

わたしの説明が下手なんで、本当はもっとグっとくること言ってたんですが、

ちょっとところどころ忘れてしまいました。←オイ

皆さんに伝わったか自信がないんですが、

本当に先生の言葉をそのまま皆さんに聞いてほしいです。

ああ、うまく伝えられなくてくやしー

もしかして持ちネタ?

もしかして、「校長先生の小話」ってタイトルで

全国の校長先生の持ちネタなんじゃないかと思うくらい、

イイ話だと思ってわたしには刺さりました!

確かにね、近所の小学6年生の男の子なんて、

よく足が痛いとかでお母さんに、

車で学校まで送ってもらってたりするんです。

そして休みがち。サボり癖があるようです。

お腹が痛いとかでよく学校を休んでます。

低学年のときに、登校拒否になったそうで、

お母さんも気をつかっているようなのです。

彼は成績は悪くないそうです。

元気で活発ですし、挨拶もきちんとしてくれます。

一見問題はありません。

しかし彼がもし自分の子なら

たとえ成績がバツグンに良くても、、、ね?

 

わたしは校長先生の話を聞いて、

いまは成績より、大事なものがあると思いました。

小学校に娘が楽しく通っているならそれでいいと。

通信簿をもらったら、娘と一緒にドキドキしながら

娘を精一杯ねぎらいたいと思います。

慣れない小学校、がんばって通ったねって。 

皆さんはどう思いましたか?