こもれび

40代で2児の母。体調記録やお買い物記録など。

【時短】処方箋をアプリで送る!薬の待ち時間を短縮しよう【ヘルスケア手帳】

おはようございます。

実は昨日病院に行き、

医師より薬の処方箋をいただきました。

今回より、薬の待ち時間を短縮したいと思い、

スマホで調剤予約をしてみることに。

とても便利なので皆さんにもおすすめします。

【時短】処方箋をアプリで送る!薬の待ち時間を短縮しよう【ヘルスケア手帳】

f:id:hatikinkun:20201125210130j:plain

なぜヘルスケア手帳にした?

スマホにまず調剤予約ができるアプリをインストールしなければなりません。

わたしが選んだのはヘルスケア手帳」

しかし本当は「EPARKお薬手帳」アプリにしたかった!

こっちのほうがポイントなどつくからお得なのです!

だけど利用している薬局は対応してないのです。くやしーです

対応しているのは、ヘルスケア手帳だけ!

www.phchd.com

今回登録してみる気になったのは、

とある漢方薬があって、それを処方されたからです。

マイナーな漢方のようで、どこの薬局に行っても取り寄せになってしまう。

おそらく普通に薬局に行っても、

「在庫がない」と言われてしまう可能性大!

処方をお願いするのに1回、取りにいくのに1回。

合計2回行かなきゃいけなくなるのです。

それはとても面倒である(-_-)

f:id:hatikinkun:20201125211657j:plain

というわけで登録してみることに。

アプリ利用規約を読んで

スマホの画面をスクショして、

皆さんにわかりやすく説明するつもりでしたが、

利用規約の「知的財産権」というのが記載されておりまして。

ちょっと難しそうだなと思い。

文字だけの説明になります。

わかりずらいところありますけど、お許しくださいm(__)m

初回の入力項目

ヘルスケア手帳をインストールしたら、

まずはじめに登録しなければならない項目があります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号
  • 電話番号
  • データ引継ぎ用暗証番号(4ケタ) ※スマホの機種変更のときに必要とのこと
  • アレルギー歴・体質/体重・血液型等
  • 副作用歴・併用薬
  • 過去にかかった病気
  • ご利用薬局

ほかにも、「保険証・保険者番号」を入力する箇所があったんですが、

今回は入力なしでやってみました。

※入力なしでも依頼できました

いざ!処方箋を薬局に送付!

  1. ヘルスケア手帳のアプリを開く
  2. スマホで処方箋の写真を撮る

それだけ!簡単です!!

f:id:hatikinkun:20201125210214j:plain

薬局からの返答

処方箋の写真を送付してから、

ものの10分くらいでアプリに返事がありました。

やはり在庫がないとのこと。

しかし今日のうちに手に入るとのことで、用意ができるまで待つことに。

そして数時間後、アプリに「薬の用意ができました」

とポップアップが出ました。

「確認」ボタンを押します。

後は薬局に行くだけです。

アプリの使い勝手について

f:id:hatikinkun:20201125211044j:plain

良いところ

操作は簡単。

このアプリ自体をおくすり手帳として使えるそうです。

ただわたしは今までどおり、紙の手帳で管理するつもりです。

アプリで管理するのは、ちょっと面倒くさいかなと思った。

(自分で薬の登録作業が必要なのです)

このアプリで対応してない薬局にも行くことがありますしね。

f:id:hatikinkun:20201125211057j:plain

悪いところ

調剤を依頼するまでの流れは簡単でイイ!と思ったものの、

アプリに「薬の用意ができました」というメッセージが、

ポップアップに現れるんですが、

一度確認ボタンを押してしまうと、

後からそのメッセージを読むことができません!

これってなぜなんだろう?

メッセージを読む前に、うっかり確認ボタン押すことだってあると思うのです。

再度どんなメッセージだったか確認できないのは不便。

 

そして一度に送れる処方箋は1枚だけです。

その処方箋のお渡しまで完了しないと、次が受付できない。

なので、病院のハシゴをするときは使えない。

子供2人が受診したとしたら、1人分しか送れない。

f:id:hatikinkun:20201125211342j:plain

最後に

たいてい大きな病院とかに行くと、

隣接する薬局に薬をもらいに行くのが通常の流れかもしれません。

会計後、すぐに処方箋をアプリで送付すれば、

「用意できました」とアプリに返事が来るまで、

ゆっくりお茶でも飲んで待ってたり、

ちょっと買い物にでてもいいと思います。

うまく空いた時間を有効活用できたらいいなと。

わたしが不整脈で通ってる病院の薬局では、

「EPARKお薬手帳」が使えるので、

www.kusurinomadoguchi.com

今度行くときにアプリを入れて利用したいと思います。

そのときは改めて記事を書こうかな。

ポイントも入るので、そっちのほうがお得です。

もし興味を持っていただいた方は、

「EPARKお薬手帳」が利用できるか調べてみてください。

いきつけの薬局で使えるかどうかは重要なポイントです。

このEPARKはポイントサイト経由のほうがお得だとか、

いろいろあるらしいですよ。