こもれび

40代で2児の母。体調記録。その他雑記。

【第4話】卵管狭窄と言われたけど妊娠できた話

どうもどうも!

前回の記事で小学校の係は「バザー運営」になったと書きました。

今年も10月にバザーがある予定ですが、

コロナの影響で、中止になる噂がとびかってます。

 

わたし「もしかして中止になったら超ラッキーだな」

夫  「こういうのって棚からぼた餅っていうかもね」

わたし「それ昭和の言い方だよ。いまどきは違う言い方だよ、

    なんとかラッキーって。うーんどういうふうに言うんだっけかな?」

夫  「棚からラッキー!」

わたし「笑 違うよーもっと今時の言葉であるよ」

 

なんていうんだっけかなー、なんとかラッキーって若い人は言ってる気がしたんだけどなー。としばらく家事しながら考えていたら…

後から思い出しました。わたしが思い出そうとした言葉は

ラッキースケベ!

まったくスケベでないシュエーションだし、関係ないじゃん!(-_-;)

アホだ わたし。

 

さて今回は妊活中の話でも。

卵管狭窄と言われたけど妊娠できた話

 38歳で妊活開始

わたしは晩婚で38歳で妊活開始という遅いスタート。

健康な人だとだいたい半年で妊娠する人が多いという話を鵜呑みにしていたわたしは、

「高齢だし、3か月でダメなら不妊専門病院で検査だけしてみよう」

※わたしはせっかち

そしてやっぱり3か月では妊娠できず、すぐに不妊専門病院へ。

f:id:hatikinkun:20200621111054j:plain

 

受けた検査は以下のとおり

内診(子宮、卵巣の状態チェック)

 →問題なし

AMH検査(卵巣年齢がわかります。血液検査で楽)

 →0.55という数値。先生が言うには卵巣年齢46~47(>_<)

 (現在45歳まだ生理ありますけどね~)

f:id:hatikinkun:20200621111941p:plain

 エンドトキシン検査(子宮内にエンドトキシンがあるか確認)

 →これが陽性だと妊娠しずらいと言われました。陽性だったけど薬を一定期間飲んで陰性に。

子宮卵管造影検査(子宮口から造影剤を入れて卵管等の状態を調べる検査)

 →検査は痛くて涙がでるほど。この検査で左右両方の卵管が狭窄(せまくて卵子が入れないピックアップ障害?)と診断。

 体外受精かな~と先生に言われる

f:id:hatikinkun:20200620223932j:plain

上記写真は、そのときの卵管造影検査画像。左右の卵管に狭窄疑い。癒着疑いと書かれてます。
 

はい。目の前がまっくらになったことよく覚えてます。

ちなみに夫の精子の検査もしたんですが異常なし(顕微鏡で夫のおたまじゃくしが見れたのでちょっとうれしかった)

 妊娠しずらいと言われたけど

この記事を読んでるかたで、「両方、もしくは片方の卵管がせまい、あるいはふさがれちゃってる」とお医者さんに言われた方はいるでしょうか?

わたしは卵巣年齢も高いし、両方の卵管がせまい!と診断されても

結果的に自然妊娠できました!

 

あの頃……同じような人で妊娠できてる人はいないのかと必死でネットで探したりもしました。

でもなかなか見つからない。体外受精しても1回で妊娠できる保証はないし。

希望がもてず、落ち込む毎日。

生理がくるたび泣いてました。

たとえばネットで妊娠したら着床出血があった!なんて見たもんだから、生理が来ても「これはごく少量だから着床出血かも」と希望を持ったり。

映画館で娯楽映画をみている途中、本格的な出血の感覚があって、暗い映画館の中で静かに泣いたり。

不妊専門病院に通っているときは気持ち的に余裕がなかったですね。

 

わたしが通っていた不妊専門病院は栄養指導に力を入れていて、

病院で販売されているサプリメントをわたしを含め、みなさん買っていました。

添加物が入っていない純粋なものだそうで、とにかく金額が高い!

でも妊娠するためには栄養が大事だと指導されるんです。

たとえば鉄のサプリで60粒5000円とか。

毎月痛い出費になります。

わたしは足りないと言われた栄養のサプリを毎回1万円くらい買っていたかと思います。1万と聞くと高いと思いますが、この病院では安くすませたほうです。

中には1回の会計で10万超えていた人もいて、通っている人の本気を目にしました。

でも正直それで本当に効果があるのか?

病院の儲けのためじゃないか?

ちょっと疑心暗鬼になりました。

とりあえずしばらくはタイミング法で様子をみることに。

 

前にメルカリで「妊娠米」なるものが話題になりましたが。

本当に子供が欲しいと望んで頑張ってる人はそんなものも頼りたくなるほど追い詰められるのです。

わたしの妊活期間は1年ですが、当時38歳ですから、若い人と比べて時間的余裕はありません。

40歳というのを期限として決めていたので、残り少ない時間に焦っていました。

 

人生が激変!早朝の妊娠検査

妊活をしていると、「今回は妊娠したかもしれない」と自宅で妊娠検査薬を使用する人がほとんどだと思います。

わたしはせっかちなので、毎回フライングで検査してました。

日本製の妊娠検査薬は性能はいいんでしょうけど高いので(ケチです)

アメリカ製の検査薬を通販で買いました。

検査するときは毎回ドキドキ!陰性でもまた明日やってみようと…

結果生理が来る・・・・の繰り返しでしたが。

ついに運命の時が!

 

その日の朝も検査して、「また陰性か、、、今度は体外受精をお願いしてみようか」

なんて検査薬片手に思っていたところ、

検査薬に一本の線がうすーく出てきました。

 

 その後無事長女を出産できたのですが、順調な妊娠期間ではなく。

妊娠悪阻(つわり)でなんと入院してしまうのです。

それについてはまたの機会に。

 

この妊活期間を振り返り思ったとこ 

卵管が狭窄と言われようが、卵巣は47歳だと言われようが

妊娠できました。なぜできたのかわかりません。

病院で買って飲んだサプリのせい?(いや大して飲んでませんでした)

卵管造影検査をしたおかげで卵管の通りがよくなった?(よく検査後3~6か月は妊娠しやすくなると言いますが。検査後半年以上たってから妊娠しています。関係ない気がします)

 

考えるに、1人目も2人目の子もちょうど妊活をはじめて1年後に妊娠しました。

勝手な憶測ですが、わたしは1年に1回だけ良い卵子ができるからだと思います。

めちゃめちゃせまい卵管も通れるほど元気な卵子だったんです。

人間て通年同じ体調のリズムじゃないから、子宮や卵巣だって調子いい日もあればダメなときもある。たまたま元気いっぱいの卵子がわたしの場合は1年に1回でるのだと。

ちょうどその妊娠した月は、楽しいレジャーの予定が入っていたので、「生理が来ても遊びに行く予定あるもんね」と気が楽だった記憶があります。

心身ともに元気だったときに、ちょうど元気な卵子がでた…すべてはタイミング?

(なんの参考にもならない個人的見解)

 

友達の中では現在同い年の45歳で2人目を授かりたいと頑張っている人もいます。

いまじゃ40歳超えて妊娠も珍しくありませんので、わたしが当時考えた40歳がリミットという考え方はいまは古いかもしれません。

 そういうわたしも41歳で2人目を出産しました。

高齢母さんとして頑張ってます。

 

長くなりました。ここまで読んでいただけた方

お付き合いありがとうございました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

応援クリックよろしくお願いします

こもれび - にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月〜14年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月〜17年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村